オフィス

システム化するメリット

災害などの緊急時に迅速かつ正確に従業員全員の安否確認を行うツールとして、安否確認システムを新たに導入する企業が増えています。安否確認システムでは、各社員の安否状況や出社可能な社員がリスト化されるので、事業の継続や再開を判断するのに役立ちます。

女性

既読がつくようにする

社員一人一人の安否確認をするためにも、社内管理ツールは徹底しておいた方がいいかもしれません。既読がつくような連絡方法を活用したり、チャットを利用したりといった方法が挙げられます。これらは勤怠管理にも繋がるので効率的です。

会議

サービスを比較する

安否確認サービスは、多くの企業で導入されています。災害が増えているということが、こうした安否確認サービスの人気へと繋がっています。きちんとサービスの中身を比較してから利用するということが求められていきます。

ネットワーク

災害時のリスク

大規模災害が発生したさいに行わなければならないのが安否確認ですが、安否確認はあらかじめ導入しておく必要があります。自社で用意することも可能ですが、複数の手段を持っていることが災害時に安否確認をすみやかに行うことができます。

オフィス

災害時に社員の安否を確認

災害発生時に家族などの安否確認を行う方法には災害用伝言板などのサービスがありますが、それらは個人用です。企業向けには従業員用の安否確認システムが多く製品化されており、メール一斉送信・回答などの基本機能を持ちます。安否状況・被災状況の集計や電子掲示板なども、安否確認システムで人気の高い付加機能です。

災害から従業員を守るには

女性

システムの機能は

企業のBCP作成の際に作成する安否確認システム。作成の担当者のなかにはよくわかっていない人もいるのではないでしょうか。安否確認システムとは、企業の社員が地震や津波など災害に遭った時に安否を確認するメールを送る機能です。それらのメールに社員が返答することで、社員のおかれた状況を企業は把握することができます。震災や津波などの大きな自然災害のあとは社員の安否やおかれた状況の把握が必須なので、BCPの一環として安否確認システムを導入することは企業としては必要なことでしょう。業者によっては災害専用のチャットを用意することができ、部門ごとの報告や安否確認後の対策などもチャットを通して行うことができます。このようなシステムができるきっかけになったのは阪神淡路大震災が初めだったといわれてます。震災の際連絡をとろうにも、電話が殆ど通じなかったことをきっかけに開発が始まりました。そして東日本大震災の際は震災と津波で甚大な被害が出た企業も多かったのですが、安否確認システムを導入していた企業は、従業員の安否をすぐに把握でき復興も迅速だったそうです。これをきっかけに安否確認システムの重要性が日本中の企業に認識されました。また、震災の際にツイッターなどのSNSが被災者と連絡を取り合うことに大きな力となりました。それを教訓にシステムもチャットやGPSなどを取り入れ、被災した混乱の中でもネットが繋がればすぐに状況を把握できるように改善されました。

Copyright© 2017 会社で安否確認システムを利用しよう|メリットをリサーチ All Rights Reserved.