伐採も大切な作業

駐車場が広い

森林伐採は環境に良い事も多い

国産の木材の使用を促進し、国内の森林保全に貢献するための制度として最近注目されているのが木材利用ポイントです。 木材の利用というと「環境破壊」というイメージも強いですが、適切な木材使用はむしろ環境にとって良いことが多いのです。 木材を伐採せずに生やし放題にしていると、上手く木が育たなかったり、木が密集しすぎて地盤が弱くなり土砂災害などにつながってしまう場合もあります。 適切に森林保全をするためには、伐採は必要不可欠な作業なのです。 しかし、伐採する為には木材が使用されなければいけません。そのためにこの制度が発足されたのです。 木材利用ポイントは恒久的に存在しているのではなく、森林の状況や木材の使用状況に合わせて変則的に発足されているというのが特徴的です。 現在は制度が適用されていますが、ポイントの発行数によって閉め切られることもあります。利用しようと思っている人は期間に注目しておきましょう。

申請をしなければもらえない

木材利用ポイントは、指定されている国内の木材を使用したとしても、申請をしなけれえばポイントが付与される事はありません。 そのため、あらかじめこの制度について自分で把握しておく必要があるのです。 申請の手続きや手順は木材利用ポイントのホームページで確認する事が出来ますから、該当する人はホームページをチェックしてみましょう。 また、ポイントが付与された後に、ポイントを商品に交換する際にも自分で選んで申請する必要があります。 ポイントを持っていても期限内に使わなければ使えなくなってしまう為に、ポイントの使用申請も忘れずにしておくことが重要です。 カタログなどがあるため、家族でカタログを見てどの商品が良いか話し合っておくといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加