既読がつくようにする

女性

社内連絡を活性化する

社員数の多い会社では、社員一人一人の安否確認ができなくなってしまうことがあります。例えば、無断欠勤が続いた場合、その社員が一人暮らしであれば生存しているかどうかも心配になるものです。最近は孤独死なども多くなってきているため、会社側でも安否確認を徹底した方がいいかもしれません。そんな理由から、社内連絡を活性化している会社が増えてきています。もちろん、簡単に連絡が取れるような仕組みを作っておくことが大切です。例えば、連絡網のような形で社員の連絡先一覧をみんなに配布しておくという旧式な方法もあります。また、もっと現代的な方法としては社員一人一人の携帯電話番号を登録しておくことです。もしくはメーールアドレスやチャットなど、個人を特定するようなID登録をしておきましょう。特にお勧めなのはチャットです。チャットならグループ分けもできやすく、数名でやりとりができます。それから、既読がつくようなタイプの連絡方法もお勧めです。送信内容を読んだかどうか確認できるからです。このようにすれば、常に社員の安否確認ができます。特に、遠方への出張をすることが多い時など、役立つはずです。それから、社員の出入りが激しいという会社でも、このような社内管理ツールを導入しておいた方がいいかもしれません。無断欠勤をされたり、急に辞められたりしては困ります。安否確認だけではなく、勤怠管理にも繋がることから、いろいろな方法を考えてみましょう。

Copyright© 2017 会社で安否確認システムを利用しよう|メリットをリサーチ All Rights Reserved.