災害時のリスク

ネットワーク

社員の確認

大規模災害が発生すると連絡が取れなくなる可能性があります。現代においては携帯電話の普及によって比較的、連絡が付きやすい環境が整っていますが、しかし、この環境は大規模災害時に使用できなくなるリスクがあり、必ずしも万全なものとはいえません。特に個人情報保護の観点から安易に情報を事前に企業が収集しておくといったことは情報漏えいのリスクに繋がります。そのような問題に対処するのが安否確認を事前に導入しておくことです。安否確認を導入しておくメリットは、大規模災害が起これば速やかに社員や取引先の情報を把握して事業の継続に役立てるというものです。これら安否確認を速やかに行うことによって、事業の再開はもちろんですが、救援に必要な資金や資材を確保するといったことにも役立てることができ復旧までの時間を短くすることができます。安否確認を導入する方法としては自社で導入するか他社に依頼するかの2つの選択肢があります。自社で導入することは、日頃の業務にも使えますがデメリットとしては一般回線を利用して行うため大規模災害において通信規制がされると難しくなるといったことが挙げられます。ただしもともと災害に強い衛星電話などを導入しておけば従来の携帯電話が使えなくなっても連絡が付けやすいメリットがあります。一方で専門業者に依頼すれば専用回線を利用して安否確認が行われるので確実性が高いものちえます。いずれにしても一つの手段に頼るのではなく複数の手段を有しておくことですみやかな安否確認が行えます。

Copyright© 2017 会社で安否確認システムを利用しよう|メリットをリサーチ All Rights Reserved.