図面を書いてもらう

自然が豊か

設計事務所で図面を書いてもらう際の注意点

設計事務所での契約の流れはハウスメーカーや工務店とは少し異なるので注意が必要です。ハウスメーカーや工務店を検討していた人にとってはそんなところで費用が発生するのかというトラブルにもなりかねないので費用面でも建物の建築においても全体の流れを把握することが大切です。ハウスメーカーと設計事務所での費用面で大きく異なるのが契約までです。多くのハウスメーカーの場合契約前に間取りの聞き取りを行い図面を何度か修正して契約するための図面を完成させます。図面を完成した段階でやっぱり契約しませんといっても図面を設計した費用を請求されることはない会社が多いのです。もちろんここまでのタイミングで地盤調査や敷地調査など実際に費用が掛かっていたものは請求されることはあります。一方で設計事務所の場合、その設計事務所で契約するしないにかかわらず一度でも図面を書いてもらえば費用が発生するのです。

なぜハウスメーカーなどの建築会社よりも高額と思われるのか

本来は図面を作成するというのも誰かが作業を行っているので少なくてもその人の人件費がかかっています。ですから請求されて当然といえます。しかしハウスメーカーなどの建築会社ではこうした費用を請求しないケースも少なくありません。ハウスメーカーの場合ズバリこの費用は契約した人の建築費に上乗せされているといえます。一方で設計事務所ではその設計事務所で契約するしないは別として設計を依頼した人に請求されるのです。設計事務所で住宅を建築する場合設計料としてみれば高額な費用に見えますが、多くの場合設計だけでなく現場の監理も行ってくれます。素人が現場を確認してもせいぜい図面と照らし合わせるのがやっとでその施工がよいのか悪いのかを判断することができません。施工会社とは独立した存在としてより建築主の立場で現場の施工を監理してくれるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加